秋にしか飲めない限定の酒『純米吟醸 ひやおろし』9月2日(木)発売!

今日から9月ですね。
暑い暑いと思っていましたが、新潟は少しづつ秋めいてきました。
そろそろ酒米の五百万石の刈り取りも始まります。
今年の米も良くできているようで一安心です。

夏季限定の酒は今季の販売を終了しました。

そして、明日9月2日(木)には、秋にしか飲めない限定の酒
『純米吟醸 ひやおろし』が発売になります。

白龍 純米吟醸ひやおろし

 

『純米吟醸 ひやおろし』は、昨年の冬に造った新酒を、一度だけ火入れを
行ってからずっと酒蔵の中でゆっくりと熟成させ、ちょうどよく熟成され、
柔らかく美味しくなった今の時期に蔵出しする秋一番の酒です。

蔵出しの際に、二度目の”火入れ”という加熱処理をしないで
「冷や」で「卸す=蔵出しする」ので”ひやおろし”です。

冬、春、夏の時間をかけて、ゆっくりと熟成させたことで、
搾ったばかりの新酒とは全く異なる深みと旨みを持つ酒になっています。

さらに、蔵出しの際の火入れをしていないので、
瓶の中でも少しづつ熟成が進み、更に味の深みが増してゆきます。
同じひやおろしでも、その時々で異なる味わいをお楽しみいただけます。

 

★ 純米酒の吟醸造りって?

白龍の「ひやおろし」は、純米酒の吟醸造りです。

「純米酒」というのは、米と米麹、水だけで造った酒のことで、
お米のふくよかな旨みがよく感じられます。

そして「吟醸造り」というのは、よく磨いた米を低温で発酵させることで、
「吟醸香」と言われる果実のような独特な香りを持たせる独特の製法です。

そのため、白龍のひやおろしは、おだやかで落ち着いた香りと、
熟成から生み出された濃密な旨み、まろやかで深みのある味わいを
お楽しみいただける酒にできあがっています。

 

★ ひやおろしは色々な温度帯で楽しめます!

ひやおろしは冷やからぬる燗まで、さまざまな温度で
お楽しみいただけます。

温度によってもお酒の表情が変わりますので、
ぜひお好みの味わいを探してみてください。

日向燗(ひなたかん) 33℃前後
香りが立ち、さらに滑らかさが増してくるように感じます。

人肌燗(ひとはだかん) 37℃前後
風味が増してきて、さらさらしてくるように感じます。

ぬる燗(ぬるかん) 40℃前後
香りは最も豊かになり、味わいにふくらみが出てくるように感じます。

 

★ 秋にしか飲めない限定の酒

ひやおろしは、遠く江戸時代から人々が「秋の風物詩」として
待ち焦がれていた、秋にしか味わえない酒です。

時代は移り変わっても、脈々と受け継がれてきた伝統の技で醸した
酒の味は変わりません。
秋のお楽しみの酒をぜひ味わってください。

 

『純米吟醸 ひやおろし』は、ただいまご予約承り中です!

★【ご予約承り中】9月2日発売! 純米吟醸 ひやおろし(秋限定)

⇒ 純米吟醸ひやおろし 商品詳細・購入ページへ

 

ご予約品は、最速で明日(9月2日)の発送となります。

 

この酒は、一年に一度だけの発売となります。
数に限りがありますので、商品がなくなり次第、販売終了となります。

 

例年10月頃には完売してしまうので、ぜひお早めにご堪能ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

純米吟醸 ひやおろし
『ひやおろし』とは、厳冬の時期に醸して搾った新酒に、春に一度だけ火入れを行ってから蔵で静かに熟成させ、夏の間に蔵でゆっくりと寝かせることでちょうど良く熟成が深まった酒を、秋に蔵出しするお酒です。 一年という時間と手間をかけることで、搾ったばかりの新酒とは全く異なる深みと旨みを持つ酒になります。

 

お客様のご感想を募集中です。
あなたのコメントやエピソードをお寄せください。
酒のエピソード大募集♪
各商品ページの「お客様からのコメント」に掲載する酒の感想やエピソードを募集しています。
白龍酒造の酒を飲んだ感想やその酒にまつわる物語など、その酒ならではのエピソードをぜひお聞かせください。

初めて掲載された方には、
「吟醸・純米吟醸 スリムボトル(180ml×2本)」をプレゼント!

白龍のイチオシ商品

白龍のイチオシ商品 白龍のイチオシ商品
特撰大吟醸酒 笹屋茂左衛門
(ささやもざえもん)
「モンドセレクション」
最高金賞の連続受賞酒!

営業日のご案内

=発送・メール・電話の休業日(翌営業日対応)
・ネットショッピングは、常時受け付けております。
・電話でのお問合せは、平日9:00~17:00にお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました