「白龍 ワイン酵母仕込み純米大吟醸」好評発売中!

ワイン酵母で仕込んだらとろけるような味わいの甘い純米大吟醸酒

できました!

 

白龍 ワイン酵母仕込み純米大吟醸

 

 

日本酒が果物のようなフルーティな香りになるのは、発酵する際に
アルコールと共に、リンゴやバナナ、マスカット、ライチなど
果物に含まれる成分を生み出すためです。
その香りや味わいは使用する酵母によって変わってきます。

 

その酵母にも、本当に様々な種類があるのですが、
今回初めて、ワインを作る時に使われる酵母を使って仕込んだところ、

口に含んだ時に舌の上にまろやかに旨みと甘みが広がる
とろけるような味わいの甘いお酒ができあがりました。

 

甘いと言っても砂糖のような甘さではなく、
白ワインのようなすっきりとした甘さです。

 

そして甘さを感じた後に、バナナのような良い香り
ふわっと広がってきます。

 

アルコール度数は12度と低めなので飲みやすく、
食中酒というよりは、食後のくつろぎタイムなどに、
ゆったりと味わっていただきたいデザート感覚のお酒です。

 

良い意味で日本酒っぽくない味わいなので、
甘いお菓子と一緒にお飲みいただいても、
お菓子の味の邪魔をせず、なおかつ
お口をさっぱりとさせてくれます。

 

冷蔵庫などでよく冷やしてお召し上がりください。
夏の暑い時期にはオンザロックもオススメです。

 

 

この「白龍 ワイン酵母仕込み純米大吟醸」は

瓶やラベルのデザインにもこだわりました。

 

ワインボトルのフォルムの瓶を使用し、

ラベルもワインを思わせるデザインになっています。

 

ラベルには、白龍酒造の「龍」新潟のお米の「稲穂」

そして地元・阿賀野市にあるラムサール条約の登録湿地「瓢湖」に飛来する

「白鳥」をイメージしたエンブレムをあしらっています。

 

ちなみに、同じく純米大吟醸酒の「白龍 純米大吟醸K-1801」のラベルは

同じデザインの色違い(青)になっています。

 

白龍 ワイン酵母仕込み純米大吟醸
ワイン酵母で仕込んだ、まるでデザートのような純米大吟醸酒です。 日本酒造りにおいて、お米に含まれる糖分を分解してアルコールを作るのが酵母の役割です。 日本酒が果物のようなフルーティな香りになるのは、発酵する際にアルコールと共に、リンゴやバナナ、マスカット、ライチなど果物に含まれる成分を生み出すためで、その香りや味わいは使用する酵母によって変わってきます。

 

白龍 純米大吟醸K-1801
酒を仕込む時に使う酵母に「協会酵母1801」という「華やかな香り」や「柔らかな香り」を発する成分を多く作り出し酸度を低く抑える働きのある酵母を使用し、酒米に新潟県産「五百万石」を100%使って、越後の蔵人たちが寒さの厳しい時期に丁寧に造りました。

 

このふたつの酒は、どちらも純米大吟醸酒ですが、味わいは全く異なります。

ぜひお試しください。

 

お客様のご感想を募集中です。
あなたのコメントやエピソードをお寄せください。
酒のエピソード大募集♪
各商品ページの「お客様からのコメント」に掲載する酒の感想やエピソードを募集しています。
白龍酒造の酒を飲んだ感想やその酒にまつわる物語など、その酒ならではのエピソードをぜひお聞かせください。

初めて掲載された方には、
「吟醸・純米吟醸 スリムボトル(180ml×2本)」をプレゼント!

白龍のイチオシ商品

白龍のイチオシ商品 白龍のイチオシ商品
特撰大吟醸酒 笹屋茂左衛門
(ささやもざえもん)
「モンドセレクション」
最高金賞の連続受賞酒!

営業日のご案内

=発送・メール・電話の休業日(翌営業日対応)
・ネットショッピングは、常時受け付けております。
・電話でのお問合せは、平日9:00~17:00にお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました